ロゴ
HOME>トピックス>歯を失くしたらどうすればいい?インプラントをしていこう!

歯を失くしたらどうすればいい?インプラントをしていこう!

インプラント

歯を失ってしまう原因とは

歯がなくなってしまうのは、主に虫歯と歯周病が関係しています。虫歯は、歯磨きをしなかったりブラッシングが足りなかったりすると、徐々に虫歯が進行していきます。みよし市の歯医者で早めに治療すれば、ほとんどのケースで歯を失うことはありません。ですが、治療しないままでいると虫歯が悪化し、手に負えない状態になってしまいます。すると、抜かざるを得なくなり、抜歯した後はインプラントなどで代わりの歯を作る必要があります。歯周病は、初めは自覚症状がないのが特徴です。よって、気づかないまま放置してしまう方も中にはいます。しかし、そのままにしておくと、歯周病菌が歯と歯茎の間から顎の骨へと渡ってしまい、顎の骨がもろくなってしまいます。これにより、顎の骨で支えられている歯が抜け落ちてしまうのです。

インプラント

インプラントを受けた方がいい理由

自分の歯を失った場合、代わりの歯を作る方法として、入れ歯やインプラントなどがあります。入れ歯はメンテナンスが必要になるので、取り外す必要があります。ですが、日々の手入れが面倒に感じる方もいるかもしれません。みよし市の歯医者でインプラントをすれば、自分の歯のごとく身につけていられるので、日頃のストレスから解消できるでしょう。また、入れ歯に関しては、あくまでも軽く取り付けているに過ぎません。ですから、食事をする場合、自分の歯で噛むよりも違和感が生じやすくなります。インプラントをすれば、自分の歯と同じような感覚で食事を楽しむことができます。以上のようなメリットがあるので、歯のない方はインプラントを受けた方がよいでしょう。